山がすき、鳥がすき、旅がすき、裏山を歩きながら目に映ったこと、考えたことを広島から発信。心はいつも旅模様


by tabinist
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2013年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

男の人生

d0245378_1455610.jpg


わが人生、いろいろあったけど、まだ先は永いなぁ、、、、、、。

しかし、ここを登りきれば、、、、、、

d0245378_14564432.jpg


そのあとは神の世界に行くだけだから

あまり急がないでこの道を楽しむのが良さそうです。

             伯耆大山・大神山神社にて
[PR]
by tabinist | 2013-05-15 15:00 | 日々雑感

紀ノ國の旅から

d0245378_17275089.jpg


奈良に住む鳥友と紀ノ國の山を歩いてきました。

この写真は釈迦が岳を歩くtabinist,モデルがよいと写真が映えますね。

と言うことが今日の話題ではありません。

注目してもらいたいのは登山道のそばの枯れたスズタケ

d0245378_17305137.jpg


この写真にも枯れたスズタケが写っていますが、、、、

これらはすべてシカの食害によるものです。

シカがスズタケの葉の部分だけを食べてしまって

ご覧のようになってしまったのですが、こうなると再生しないようです。

この食害の被害を受けているのが私たちが好きなコマドリ

繁殖地が奪われてコマドリの数が激減しています。

鳥友からもらった資料「奈良の野鳥ものがたり」に

「コマドリに明日はあるか」(川瀬 浩)と言う一文が寄せられていますが

それによるといまコマドリの数は33年前の8%まで激減しているとか、、、

シカの食害のことは知識としては知っているのですが、

この現実を目にすると心中穏やかではおられないtabinistです。

d0245378_17422589.jpg


いま山村では住民の高齢化、過疎化がすすみ、猟をする人もいなくなり

そのためにシカが爆発的に増えたのだということです。

そのシカを目の前にすると死んでくれとは言えないのですが、、、

自然の中である種のものが増えてバランスが崩れるといろいろな問題が出てくるのです。

その解決は難しい問題ですが、、、、、、、、。

d0245378_17485385.jpg


その紀ノ國はどこも新緑が輝いていました。

晴男を自認するtabinistも驚くほどの好天に恵まれた今回の旅でした。
[PR]
by tabinist | 2013-05-11 17:53 | 旅の話題