山がすき、鳥がすき、旅がすき、裏山を歩きながら目に映ったこと、考えたことを広島から発信。心はいつも旅模様


by tabinist
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2012年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

小さな作家の小さな作品

d0245378_16482846.jpg


まもなく9月、私にとっては渡り観察の秋到来です。

今日の話題は一緒に観察しているメンバーのお孫さんのことです。

彼も鳥が好きでこれまで何度か観察地に来てくれましたが、

最近は写真にはまっていて観察地に来る回数は減っています。

そのことは良いのですが彼の撮る写真は半端ではない、子供だましのものではないので

是非紹介したいのです。

本人や保護者の了解を得ていますから是非ご覧下さい。

何はさておいてもここを開いて下さい。

tabinistより60歳くらい若い写真家(?)の作品ですから

瑞々しいのは当たり前ですが、、、彼はいい物を持っているように思われませんか?
[PR]
by tabinist | 2012-08-27 16:59 | 日々雑感
 24日の金曜日に山口県の寂地峡へ行きました。

 滝を見て、、、、渓流沿いの林道を歩き、、、、、、

 犬戻しの滝の前まで行き、涼しい風に吹かれてきました。

 このように暑い時期は歩きまわらないのが私たちの主義です。

 滝から林道へ上がる道を歩いていたら見覚えのある花が、、

 しかし、葉の様子が違うような、、、

 ツルリンドウが何かしら私の知らない葉の中から顔を出していただけですが、

 山道を歩いているとき、自分の足元が良く見えない私。

      老眼で、、、その距離にピントが合わないので、、

      足元の小さな花がゴミに見えることもよくあるのですから、、、

 このように花と葉っぱの関係がよく分からないのは仕方ないのです。

 これはツルリンドウのいたずらではなくて、単なる老眼のせいです。

 
 足元をハッキリ見るためにはメガネをかけて歩けばよいのですが、

      汗かきの私にはそれがわずらわしくて、、、、、

      このような錯覚はこれからもありそうです。

d0245378_17412969.jpg


d0245378_17414657.jpg


d0245378_17421746.jpg

[PR]
by tabinist | 2012-08-26 17:47 | 山歩きから

趣味があるから、、、

台湾の黄さんから過日メールをもらった。

と言っても全文が漢字で私には読めないのですが、、、

パプアニューギニアで撮った写真を見てほしいことは理解できました。

まずはその写真をご覧ください。

関心のある方はここを開いて下さい。

d0245378_19301858.jpg


d0245378_1931289.jpg


d0245378_1931845.jpg


d0245378_19315041.jpg


2010年5月、私たちは例によってプサンの太宗台展望所で渡り観察をしていました。

そこに台湾からのグループがやって来ました。

一行の中に前から面識のあるコリー・チェンがいたので彼らと親しくなりました。

彼らはこの展望所のすぐ近くにやってくるハヤブサの写真を撮るためにやって来たのです。

台湾にもハヤブサはいますが、これほど近くで見えるところはないとか

何しろ彼らは「富裕層」なのでハヤブサの写真を撮るために

一週間以上の時間を持ってやってきたのです。

趣味があれば人のわが広がり、その人からいろいろな情報を得ることができます。

黄さんもコリーを通じて交流が始まったのですが、、、

その後何度かすばらしい写真を見せてもらってます。

何はともあれその写真を楽しんでいただければ幸いです。

最後の写真は彼らのカメラと私のカメラ

     軽自動車とダンプカーほどの差があります。

     これでは写真らしい写真は撮れませんね。私は、、、、、、。
[PR]
by tabinist | 2012-08-25 19:50 | 日々雑感

遠い、遠い記憶

IKUKOさんにコメヘンを書きながら

    遠い、遠い昔のことを思い出しました。半世紀も前のことです。

d0245378_2017678.jpg


d0245378_20173071.jpg


これらの画像はネットから借用したものですが、、

私がここ霧が峰を訪ねたのはこのようなニッコウキスゲが咲く時期ではなく

    山は暮れて 野は黄昏の 芒哉   与謝蕪村

と言う句が似合う秋のことです。

その日強清水へ行くバスに乗っていると近くに座っていたおじさんから声をかけられました。

どこから来たのか?と問われて、、、、廣島から、と答えると、、、

ワシのカカは四国高松の出身だから大阪から西の人は他人とは思えない、、、と言って

今夜はワシのところへ泊まれ、と一方的に決められてしまいました。

彼の態度は一方的でしたが、貧乏旅行をしている私としたら一泊たすかった、、、と思い

彼についていきました。

彼は石を出す仕事をするために岐阜県から霧が峰に来て

    そこに粗末な小屋をかけて生活をしていたのです。

そのような事情なので、文字通り雨露しのぐだけの小屋での1泊でしたが、、

半世紀を経ても忘れることのできない印象的な一夜になったのです。

そのころの霧が峰は何もない世界でした。

強清水はバスの終点ですから少しは建物がありましたが、、

そこを離れると何もない世界でした。

そのようなところで仕事をしている石屋さんは人が恋しかったのでしょうか?

今となっては確認のしようがありませんが、、、遠い遠い思い出です。

上の写真は「コロボックル・ヒュッテ」だと思われますが、、

    その日はそのあたりまで足を伸ばしていません。

    強清水へ行くバスの中から下の写真に見える槍穂高のすばらしさにふれ

    カメラを向けたらバスの運転手さんがバスを止めて下さったことは覚えていますが、、

    彼の小屋からの風景は何も覚えていません。

夜中にブスリとやられないか、と言う不安を持っていたのではないのですが、、、、、。
[PR]
by tabinist | 2012-08-21 20:45 | 山歩きから

あの風が吹いてきた

d0245378_20181863.jpg


d0245378_20191187.jpg

 
残暑の厳しい時期ですが、山では涼しい風が吹き始めていました。

秋を呼ぶ風です。

秋風が本格的に吹き始めるころ裏山ではアケボノソウが咲き始めます。

そのアケボノソウはこの時期、このような状態で、、、、

あの白い花の面影はまだ見ることができません。

花か草かわからない状態ですが、あと一月もすればそれらしい花が見えるはず

アケボノソウが咲くのを待つ時期は、秋風が吹くのを待つ時期と重なるようです。

そのはしりとも言える風が、山の上では吹き始めたようです。

その風がふもとに下りてくるまで、もうしばらく辛抱しましょう。
[PR]
by tabinist | 2012-08-16 20:29 | 山歩きから

今夜は団地の夏祭り

今夜は団地の夏祭りです。

猛暑つづきのこの時期、暑さに弱いtakamistとしては

     お手伝いできることは限られるのですが、、、

     それでも夕方から会場に出かけて、、

     私たちの担当である清涼飲料水の販売の準備、

     そして写真撮影などなど、、、

私に出来る小さなお手伝いをする予定です。

     私より頑張り屋さんのタビカノはすでに会場に出かけて

     何やら準備しています。

d0245378_8581472.jpg


d0245378_8583413.jpg


私たちの団地にも地域のことに関心を示さない人が多くいます。

     その反対に、地域の行事に協力される人も多くいます。

     私たち夫婦は後者ですが、、、、

同じ町に住んで、自宅と言う小さな空間にこもった生き方をするより

     多くの人と関りあいながら生きるほうが楽しいと思うのですが、、、、、

地域社会とほとんどつながりを持たないで生きるその気持ちが分からない

     tabinistやタカカノです。
[PR]
by tabinist | 2012-08-04 09:04 | 日々雑感
この7月、急速に体力を落とした母は

運よく老健の施設でお世話になることになりました。それは良かったのですが、、

入所して一週間後に肺炎をおこして入院、

その病状は一進一退の状況が続いています。

     日に日に衰え、痴呆の症状も出てきて、、

     この夏が越せるかどうか分からない状態です。

d0245378_73726.jpg


d0245378_73278.jpg


そのようなときに自分勝手なことを考えたようですが、、、

     母が亡くなったら、、、

     老母から解放されて身軽になったら、、、

     チョッとだけ長い旅をしたいと考えたのです。

今日の画像は2004年6月に行った北海道のものですが

     この旅の終わりにタビカノの父が危篤と言う連絡が入り

     大急ぎで帰宅しました。

     その義父は帰宅してまもなくなくなりました。

d0245378_7523242.jpg d0245378_7525956.jpg

今回の北海道ではタビカノのいとこがいる富良野をベースにして、

     道東や道北に鳥を追い

     富良野に近い大雪や十勝の山を歩き、、

     などなど自分勝手な想像をしています。

d0245378_7571714.jpg d0245378_7575111.jpg

夫婦二人で自由に動けるようになったとしても

    地域社会とのつながりなどいろいろあって、、、

    そして何より軍資金が不足しているので

    南の国のハイランドに長期滞在すると言ったような

    気の利いた旅は出来ませんが、、、

身内の家に半分居候をするようななさけない旅になっても、、、

    とにかく自由になったら北の台地に飛び出したいと

    勝手なことを夢想しているのです。

d0245378_86320.jpg


2004年の探鳥旅行では月単位で長期旅行をされている

     何組かのご夫婦に会いました。

     あのころから見ると間違いなく体力も落ちているはずですから

     何日も車の中で寝泊りしながら鳥を追うことも

     名のある山を何座も登ることは難しいでしょうが、

     たまにはこのようなご馳走も頂いて、、、

     それなりに素敵な旅をしたいと考えているのです。
[PR]
by tabinist | 2012-08-01 08:13 | 日々雑感