山がすき、鳥がすき、旅がすき、裏山を歩きながら目に映ったこと、考えたことを広島から発信。心はいつも旅模様


by tabinist
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

d0245378_14435168.jpg


tabinistは老母と同居しています。

その老母は最近急に体力を落とし、、、、それにしたがってタビカノの負担もふえ

体のあちらこちらが痛い、と言うようになりました。

このままではタビカノはもちろんですが、

私たちの家庭そのものが崩壊する心配が出てきました。

そのため老母を預かってくれる施設を探していたら、、、、

とにかくすぐに来てください、と言うところが見つかり、、

とにかくあずけてきました。

老健の施設ですから体の機能が回復して

日常生活が出来るようになると退所することになりますが、、

まぁ、そのような日はおそらく訪れないはずです。

d0245378_14502217.jpg


いまは元気に山を歩いている私たちですが、年々歳をとり、、、、

やがて健康寿命が尽きて、、、誰かの介護を受けながら最後の日を迎えることになります。

それは避けて通れない道ですが、、、、

これまで老母のことで頭がいっぱいで、

自分のこととなると何も出来ていません。

自分のことは別にして、とりあえず老母の介護から解放され

体中の力が抜けた感じのtabinistです。
[PR]
by tabinist | 2012-07-20 14:55 | 日々雑感

独りから独りへ

d0245378_16235976.jpg


独りから独りへ、それが人生

そのあいだで多くの人の世話になっている

      その数は天文学的な数字

そのことを忘れていると豊かな老後は送れない

      人生あまいものではありませんよ


d0245378_16273620.jpg


と言うのは恥ずかしながら、

     いつも不平ばかり言っているわが母を見ていての実感です。

皆さまのことを言っているのではありませんよ。

tabinistもいつしか70代

     いつ何があってもおかしくない歳になりました。

そろそろシッカリとした死生観をつくっておかないと

     旅立ちの前に醜態をさらすことになりそう

     自戒しないと、、、、、、、

[PR]
by tabinist | 2012-07-14 16:35 | 日々雑感

あなたは現役???

今日の天気予報は曇りでした。

      朝は今にも降りそうだったので裏山歩きをやめたら、、、

      そのすぐあと晴れてきました。晴れると暑いですね。

d0245378_1623085.jpg


さて今日の話題です。何かに書いたことがあることですが、、、

私たちはいま「現役」であるか否か、と言うことです。

     そもそも現役とは何か?

     どこかから「月給をもらうこと」が現役の条件なら

     私たち夫婦は間違いなく現役ではありません。

     収入のすべては年金で、どこからも月給をもらっていないからです。

だからと言って世の中から切り離されて生活しているわけではありません。

     どこかで社会とつながっていたいと考えている私たちは、、、

     一言で言えばボランティアに明け暮れています。

     tabinistは団地の山歩きのグループのリーダーとして活躍(?)し

     団地の広報部を任され、、、、

     その上団地のホームページを立ち上げる準備をしています。

     タビカノは私以上に東奔西走していて団地のチョッとした顔役(?)

     今日は隣の団地まで出かけて活躍(?)してきたようです。

d0245378_16374257.jpg


そのようなことを愚考しているのですが、、、、それと言うのは、、、

ある友人が会社を辞めた後亡くなったので密葬にしたら、、、

      その話を聞いた人が密葬のあと次々訪ねてこられて

      残された人がその対応に苦労した、と聞いたからです。

その例にならえば、、、、

      いま私たちが急死したら密葬では済まされないのではないか、、

      密かに旅立っていくのが私たちの願いですが、、、

      その願いも時と場合によりけりで、今の今急死したら

      その願いは私たちのわがままと言うことにならないか???

      と言うようなことをタビカノと話しているのです。

皆さまはいま現役ですか?

      現役の意味を広くとらえれば、生涯現役でいたい、、、、

      と考える人は多いのではないでしょうか?

      かく言う私たち二人もその意味の生涯現役を志向しているのです。
[PR]
by tabinist | 2012-07-12 16:49 | 日々雑感

プロのコツ

昨日「自主防災講座」に参加しました。

時は夏、水難事故なども想定されているのでしょうが

今回は救急救命法のひとつとして心臓マッサージを習いました。

ひとくちに心臓マッサージと言いますが、大変な重労働であることが分かりました。

その労力を少しでも軽減するプロのコツとしては、、、、、

d0245378_15373666.jpg


このように親指のつけねを乳と乳の間において両手で押さえますが、、

コツとしては肘を曲げないでまっすぐ伸ばし、上半身の体重を利用して押さえること

d0245378_1540895.jpg


この人のように肘が曲がると腕の力で押さえることになり長時間できません。

この程度のコツはいちど教われば頭では分かりますが、、、

とっさのときに出来るかどうかは分かりませんね。

d0245378_15424641.jpg


この人はプログラムが終わったあとも、居残りみたいなかたちで

指導を受けておられました。その甲斐あってか肘が伸びていますね。

心臓マッサージのときにどれくらい強く押すか、と言うことですが、、、

とにかく強く、強く、、、、。5cmくらい押さえ込むと言うような記述もありました。

救急隊員の人の経験では骨が折れるのが分かることもあるとか

しかし、折れた骨は治せますが一度止まった心臓は動かすことが出来ません。

だから、、、とにかく強く強くマッサージを続けるそうです。

とっさの場合の救命活動でたとえ骨が折れても、、、

そのことで責任を問われることはないので勇気をもって行ってください、とは

救急隊員の人の言葉です。これはプロにもアマにも共通する言葉です。
[PR]
by tabinist | 2012-07-09 15:52 | 日々雑感

あ~ぁ長雨、、、

やっと雨が上がりました。と言ってもスカッと晴れたわけではありません。

今日もわが裏山は厚い雲の下です。

これでは今夜彦星が織姫に遭うのは難しそうですね。

    一年に一回の逢瀬なのに、、、、気の毒だなぁ。

d0245378_16125863.jpg


d0245378_16132039.jpg


d0245378_16134016.jpg


d0245378_16135763.jpg


d0245378_16141283.jpg


雨が上がったのを見て裏山のウスキキヌガサタケを見に行きまいた。

しかし、雨に打たれて、、、、まともに立っているものはありませんでした。

せっかくのネットもグチャグチャ、、、、、。

このウスキキヌガサタケはわが裏山では毎年見ることができますが

全国的に見ると多くはないようです。絶滅危惧種に指定されているようです。

中華料理の高級食材だと聞いたことがありますが、、、、

この姿を見ると食欲は出てきませんね。
[PR]
by tabinist | 2012-07-07 16:19 | 山歩きから

何も無いって言うことは

d0245378_914893.jpg


d0245378_921819.jpg


タビカノの実弟の嫁さんのお兄さんが「農家民宿」を始めたと聞いたので

先週末仲間たちと下見に行ってきました。

ところは広島県の最北端、庄原市高野町です。

冬は寒くて雪の多いところで、

毎年冬になると雪が降ったとか気温が下がった言うことがニュースになるところです。

私たち山グループも田舎遊びをするところを探しているので、、、

その話を聞いてさっそく行ってみたわけです。

その農家民宿で楽しい酒を飲んできました。と言いたいのですが、、、、

     本当は楽しい酒を飲む仲間たちの幸せそうな顔を見てきました、

     と言うのが正確な表現です。

女房殿から解放されて、利害関係のまったくない仲間たちとの酒は

     本当に楽しいようですね。

     出来上がった写真を見るとどの顔もどの顔も、、

     町では見たことのないような最高の笑顔でした。

d0245378_9103313.jpg


d0245378_911423.jpg


d0245378_9112056.jpg


d0245378_911436.jpg


翌日農家民宿の五郎さんに案内して頂き奥出雲の桜井家を訪ねました。

私たちだけで行ったら単なる観光客ですが、、、、

      この五郎さんは高野町の町長も経験したこともあり

      いまは現役の庄原市議会議員でもあります。

その五郎さんに連れられて行ったので、一般公開されている桜井家の主屋の、、

      しかし、一般の人は上がれない座敷にまで上げていただき、、

      ご当主まで出てこられていろいろな説明をして頂きました。

この桜井家は鉄師頭取の館で、松江藩主の松平治郷(不昧)公をはじめ

      歴代の藩主が6回御成になった由緒ある家なのです。

その屋敷は現存する貴重な文化遺産で

      主屋をはじめ9棟が国の重要文化財に指定されています。(平成15年)

      そのほかの12棟は島根県の有形文化財に指定されています。

その主屋をはじめ庭園や敷地の中を案内していただいたのですが、、

      そこは本当に山の奥、屋敷の建物以外には人工物は何も見えませんでした。

そのようなところで生活されているご当主夫妻の生活はどのようなものか、、

      私たち下々のものには想像もできませんが、、

しかし、いまの時代にそのような何も無いところで生活できることは

      最高の贅沢のようにも思えました。

桜井家のようなところは私たちにはある面では縁のない世界ですが、、

下々の者たちとしては

      五郎さんの農家民宿に泊まり、、

      秋は蕎麦を打ち

      春は山菜を摘んで

      ささやかな贅沢を楽しみたいと考えています。
[PR]
by tabinist | 2012-07-03 09:48 | 日々雑感