山がすき、鳥がすき、旅がすき、裏山を歩きながら目に映ったこと、考えたことを広島から発信。心はいつも旅模様


by tabinist
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2011年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

功山寺の紅葉

山口県下関市の竜王山に登りました。

照葉樹林の中を登る、私たちにはチョッと雰囲気の違う山でした。

道草をすることもなかったのでコースタイム通りに登ったので

    早く山を下りることが出来ました。

本当は前々から行ってみたかった長府を観光したかったのです。

その長府を駆け足で観光し、紅葉の写真を撮りました。

長府の紅葉はいろいろあり、、、、すべてが良かったわけではありませんが

地元の人の話では昨日よりはずいぶん良くなったそうです。


d0245378_20481586.jpg


d0245378_20483932.jpg


d0245378_20485346.jpg


d0245378_20491150.jpg


功山寺

   鎌倉時代の創建、唐様建築の美しさを保つ仏殿は、わが国最古の禅寺様式を残しており、
   
   国宝に指定されています。

   また数々の歴史の舞台となったところで、毛利元就に追われた大内義長が自刃したり、

   高杉晋作が伊藤俊輔(博文)らを率いて挙兵した所でもあります。

   初代秀元をはじめ9人の藩主たちの墓が仏殿裏にあります。


観光会館でいただいたパンフレットにはそのように説明されていますが

タカ長たちは紅葉だけ見て帰りました。

残念と言えば残念ですが、、

今度観光するときはボランティアガイドをお願いして

ゆっくり観光するつもりです。

今日は駆け足。山で12,600歩。長府観光7,700歩

このようなことが普通に出来る健康に感謝感謝です。

[PR]
by tabinist | 2011-11-29 21:02 | 旅の話題

友が逝く

d0245378_15422284.jpg


友が逝きました。

ガンにおかされ三度の手術にも負けないで木曽駒にも登りました。

病気にはなっても病人にはなるな、と言いますが

彼に生き様はその言葉の実践そのものでした。

地域社会の活動にも積極的に参加されていました。

いつも笑顔を絶やさない人でした。

彼のそのような生き方から多くのものを学びました。

私たちの地域社会に彼が残したものは大きなものがあります。

彼と再び言葉を交わすことは出来ませんが

彼の笑顔だけは忘れないで生きていくつもりです。


d0245378_15491686.jpg


この山道を歩いているとき携帯に訃報がはいりました。

そしてその後の通夜、葬儀、、、

彼の人柄なのでしょう、多くの人に見送られて旅立って逝きました。

     心から冥福をお祈りしています。合掌

  
  小春日のごと 笑顔を残し 友は逝き

  落ち葉道  君と歩きし 山いくつ

[PR]
by tabinist | 2011-11-28 15:56 | 日々雑感

広島市植物公園の紅葉

d0245378_15534893.jpg


d0245378_1554918.jpg


d0245378_15542788.jpg


午後広島市植物公園に写真を撮りに行きました。

相棒は団地の写真愛好家のお二人。

今年の紅葉はどこも良くないようなので期待はしていませんでしたが、、

思った以上にきれいな紅葉を撮ることが出来ました。

と言ってもすべてチェックしたわけではありません。

今日はまだこれから予定があるので

適当にセレクトしたものを紹介します。

朝は裏山歩き、午後は植物公園、、、そして夕方は、、、、

何かと忙しい今日のtabinistです。

[PR]
by tabinist | 2011-11-27 16:00 | 日々雑感
d0245378_17344240.jpg


d0245378_17351150.jpg


d0245378_17354689.jpg


朝から雨。そのため予定していた山を中止して山グループのOB夫妻を訪ねる。

もちろんコーヒーを入れていただきたい、それも上等の器に、、、、

と言う下心を持って。

今日の器はイギリスの「ロイヤルクラウンダービー」

この面にはまったくうとい私には初めて聞くブランドでした。

この奥さんとの話は楽しくて、コタツに入ってしまうと外に出にくく

ついつい長居してしまいました。


午後は同じ山の仲間をホスピスに見舞いました。

おそらく今日が彼との永遠の別れ、、、、

人の命についてあれこれ考え心中穏やかでない今日のtabinistです。

[PR]
by tabinist | 2011-11-23 17:45

紅葉を探して、、、

安芸の宮島。最高峰の弥山に登りました。

天気は最高だけど、、、紅葉はダメ、、、


d0245378_1736432.jpg


紅葉の名所と言われる「紅葉谷公園」もこの程度。

とは言っても所々にきれいに色づいた木がありましたが

葉が痛んでいて、アップに耐えられるものは皆無の状態でした。

そのような中、、、紅葉を探して探して、、、

やっと撮ったのがこのショットです。


d0245378_1739251.jpg


これだけ見ると最高の紅葉ですが、、、、、。

これが今年の紅葉だと言ったら誇大広告で叱られるでしょうね。

今年の宮島は来年の大河ドラマ「平清盛」の影響か

観光客はいつになく多いようです。

宮島に来られる人は週末を避けたほうが無難かも。


d0245378_1751734.jpg


紅葉はダメでしたが天気は快晴無風。360度の展望が楽しめました。

山は天気。この展望だけで良いですね。

ちなみに山上の塔の向こうに見えているのが

四国の石鎚山。天狗峰、弥山などがハッキリと見えています。


d0245378_1744971.jpg


こちらは広島市をみおろしたところ。

四国の山から広島県北部の山まで展望できましたが、、

どこを見ても雪の山は見えませんでした。

やはり今年は温かいのでしょう。

[PR]
by tabinist | 2011-11-22 17:54 | 山歩きから

団地の作品展

私たちの団地の恒例行事になった作品展が始まりました。

今年は43名の方から77点の作品が寄せられました。

ジャンルはいろいろで、、、、

  定番の絵画や書だけでなく写真、手芸、陶芸

  そしてトールペイントの力作などが出展されています。

区の美術展を見てきた友人は

  「こちらのほうがレベルが高い」と感心していました。

   私も同じような感想を持っています。


d0245378_1704674.jpg


d0245378_171102.jpg


会場は団地の集会所ホール。

   もちろん作品鑑賞の場ですが、、、、

   同時に住民たちの交流の場でもあります。

   27日までの期間中には出展者や役員などが

   分担して会場に出かけ湯茶の接待までします。

   このあたりが町の美術館とは違います。

そして最後の反省会、、、、

   今朝の段階からもう酒の心配までしていました。

   わが家からはワインを持っていくことになったようです。

作品の一部をご覧下さい。


d0245378_1761642.jpg


d0245378_1764615.jpg


d0245378_177751.jpg


d0245378_1772470.jpg


d0245378_1774735.jpg


最後の作品は「小さな恋人たち」と題したお気に入りの作品ですが、、、

   専用の会場ではないので照明の蛍光灯が反射して

   全体が撮れず一部しか紹介できないのが残念です。

   表情のある作品だったのに、、、、、

私の作品ですか?

   出すとすれば写真ですが今年も見送りました。

   これから真面目に花の写真など撮って、、、

   来年は出展したいと考えているところです。

[PR]
by tabinist | 2011-11-20 17:20 | 日々雑感

潮が引くように、、、、

今朝も相棒と裏山を歩いてきました。

あれほど多くのキノコ採りの人が入った山も

    今朝は私たちだけ、、、、

    人もいないけどキノコの姿もまったく見えなくて、、、


d0245378_1522407.jpg


d0245378_15231914.jpg


ヌメリイグチと思われるものが申し訳程度あっただけ、、、

    あれほどたくさんあったキノコたちが

    潮が引くように姿を見せなくなりました。

    季節は確実に進んでいるのですね。


d0245378_15253555.jpg


度々は利用しない尾根道から下りると檜林が間伐されていました。

    それは良いのですが、ご覧のように伐りっぱなし。

    思わぬところで「障害物競走」をさせられました。

今日のコースは利用する人がほとんどいない

    おそらく私たちだけのコースですが、

    そのコースの入り口がこのようになれば

    この中を歩く人はいなくなるはずです。

そこでめでたく私たちの専用道が完成と言うわけです。

    乱雑に放置された間伐材を責める前に、、

    私たちの専用道完成を祝うことにします。

[PR]
by tabinist | 2011-11-17 15:33 | 山歩きから

最後のおこぼれ?

今日も裏山歩き。

海外旅行は足止めを食ったかたちになりましたが、

     いつでも連絡のつく裏山歩きはOKと言うわけです。

あまり期待しないで松茸の新しいシロ探し、、、

     目をつけたところには何もありませんでしたが、、

実績のあるところで今年最後(?)の松茸を見つけました。


d0245378_1611875.jpg


いつものところに行って探していたら目の前の石に

      見たことのないようなこのようなキノコが、、、

生えているところが面白いので写真を撮るつもりで座り込むと

      その石の向こうのほうに、、、、


d0245378_1634459.jpg


一目で松茸だと分かりました。

      今シーズン何本も採ったの少しは目がなれました。

しかし、もうシーズンは過ぎています。

      見ると下のほうは腐りかかっているようですし

      傘のほうもあと少しの命

      見つけるのが一日か二日遅かったら

      食べることは出来なかったようです。

文字通り今シーズン最後の松茸になるのでしょうか?


d0245378_168821.jpg


本日の収穫は松茸3本とクロコウも3本。

松茸は人さまにプレゼントできるものではなかったので自家消費。

      クロコウは友だちのところへ行きました。

季節は進みました。

      キノコの季節もそろそろ終わりなのでしょうか?

[PR]
by tabinist | 2011-11-13 16:15 | 山歩きから

好きな言葉~即今

d0245378_2082491.jpg


d0245378_2085830.jpg


即今。好きな言葉です。

私たちの手の中にあるのは今このときだけ。

昨日は過ぎ去った過去、今から修正できません。

明日はまだ私たちの手の中にはありません。

あるのは今だけ、生きているのは今このとき、この刹那だけ。

その刹那刹那が積み重なって人生になってゆくのです。


紅葉が輝くのも、花が美しく咲くのもそのときだけ、、、

昨日を悔やんでも、明日を思い煩っても何にもなりません。

私たちにあるのは今このときだけ、、、、、。


予定していたボルネオ行きは緊急事態発生で行けなくなりました。

残念ですが仕方ありません。

一緒に行く予定だった仲間も面白くはないでしょうが、、、

予定通り行かれます。

このチャンスを逃したらボルネオなんて行けませんから、、、、。


d0245378_2019358.jpg


       画像はネットより借用

そのことで思い出すことがあります。もう10年以上前のことです。

その年私は仲間とスペインとセネガルに行くことを予定していました。

外務省に勤める仲間のお嬢さんがセネガルの首都ダカールに赴任されていたので

スペインで鳥を見たあと、パリダカール・ラリーのゴールにあわせて

ダカールに行くことを計画していたのです。

費用もかかることなので私だけがスペインから帰国するか、、、

最後まで仲間と行動を共にするか、、、それを決める前に

緊急事態発生でこの計画そのものが霧散してしまいました。

その後そのお嬢さんは別の国に赴任されたので

二度と再びダカールを訪ねるチャンスはなくなりました。


何ごとも出来るときにしておかないと、、、、

一度チャンスを逃してしまうと二度とは訪れない、、、、

そのことは私たちの仲間の共通した認識になっているようですが

それには私たちのそのような経験があるのです。


私たちの人生にあるのは今このときだけ「即今」

私の好きな言葉です。

[PR]
by tabinist | 2011-11-11 20:34 | 日々雑感

季節は変りました

d0245378_17173083.jpg


寒くなりました。やっとそれらしい気温に、、、、。

タカの渡りは落穂ひろいの段階ですが、、、

わが裏山の紅葉も少しですが見られるようになり、

はいて捨てるほどあった(?)松茸は完全に姿を消しました。

名前を知らないいろいろなキノコも顔ぶれが変ったようです。

今秋は何十年ぶりかに松茸を採り、

それが縁でそのほかのキノコにも関心を持ち、、、

キノコの友だちも少しだけできました。


あと一週間するとボルネオに出発

そのたびが終わって帰宅した頃冬がやってくるのでしょうか?

冬になっても私たちの裏山歩きは続きます。

ところでこの写真、向こうに広島湾の海が見えるのがお分かりですか?

わが裏山の展望はこの程度、、、、

これからは樹間に光る海を見ながら歩くことになります。

[PR]
by tabinist | 2011-11-10 17:28 | 山歩きから