山がすき、鳥がすき、旅がすき、裏山を歩きながら目に映ったこと、考えたことを広島から発信。心はいつも旅模様


by tabinist
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

自然の奥行きは、、、、

タカの渡りはいまが最盛期

今日は私たちの観察地の新記録を更新しました。

今日一日の記録が1600羽を超えたのです。


d0245378_17303234.jpg


d0245378_17305777.jpg


d0245378_17311239.jpg


観察地のあちらこちらから湧き上ってくるようなハチクマ

頭の上を流れてゆくハチクマ

まさに「お祭り騒ぎ」の状態でした。


d0245378_17324898.jpg


d0245378_1733612.jpg


d0245378_17334261.jpg


これらのハチクマたちは5月に日本各地に渡ってきて

夏のあいだに繁殖、そして子育てをあわただしく終えて

この時期に越冬のため東南アジアへ向かっているのです。


このかん日本では東日本の津波、、

その後豪雨災害が各地に起きました。

しかし、その災害にもめげることなく彼らは繁殖を終えて

いま南の国を目指して旅立ってゆきました。


私たちの観察地での記録は例年通り、、、、

私たちの記録で見る限り今年は少なくなったと言うことはありません。

あれだけの災害続きでも彼らはいつものように繁殖を済ませたようです。


このような事実に触れるにつけ

日本の自然の奥行き、ふところの深さを感じるのです。

人間世界では災害続きで大騒動をしていても、、、、

彼らは黙って、、、するべきことは済ませて、、、、

何事もなかったように南の国を目指しているのです。

これって本当にすごいことでしょう。


今日もまた自然の素晴らしさを感じながら観察をしました。

[PR]
by tabinist | 2011-09-28 17:48 | 鳥の話題

風に疲れて、、、、

d0245378_1719135.jpg


d0245378_17194137.jpg


今日の観察地。台風15号にともなう強風が終日吹いていました。

つい先日までは蒸し暑くてバテ気味、、、
 
今日は風に吹かれて体感気温が下がり寒い寒い、、、、

風が木をたたく音が終日騒がしかったので、、

観察を終えて帰宅してもその音が耳に残り

今日も疲れました。

風に疲れて、、、です。

風に吹かれて、、、のまちがいではありません。



台風15号による被害も心配です。

今年の日本、、、3月の大震災と津波、原発事故

そして新潟や紀伊半島などでの豪雨被害などなど、、、

「踏んだり蹴ったり」と言う言葉がありますが

今年は「踏んだり蹴ったり殴ったり」の状態で

それも往復ピンタを食った状態になっています。

このようなときにのん気空を見上げていてよいものかと

ある種後ろめたいものを感じながら観察地に通っています。

[PR]
by tabinist | 2011-09-21 17:26 | 日々雑感

人形峠展示館

9月13日、岡山県森林公園の山を歩いたあと

すぐ近くにある「人形峠展示館」(http://www.jaea.go.jp/09/xningyo/)を訪ねました。


d0245378_17171396.jpg


d0245378_17174052.jpg


人形峠はウランのふるさととして知られ立派な展示館もあります。

運営主体は

「独立行政法人日本原子力研究開発機構人形峠環境技術センター」

展示館では記名をして説明を受けました。

たとえば2枚目の写真は人形峠の施設の全景写真ですが

この施設はその役目を終えて解体されていると言うことでした。

そのために要する時間はこの先20~30年かかるとか、、、


d0245378_1726671.jpg


d0245378_17262714.jpg


d0245378_17264162.jpg


d0245378_1727224.jpg


d0245378_17272342.jpg


d0245378_17281483.jpg


d0245378_17283368.jpg


その20~30年と言うのもこちらが質問して聞きだしたもので

先方の口から出たものではありません。

要するに先方の都合の良いことばかりを説明した展示であり

著しく公平を欠いた展示だと思いました。

一応コントロールされた状態にある施設を撤去するだけで

これだけの時間がかかるわけですから、、、

十分に管理された状態に無い、

この先何が起こるかわからない福島原発の収束までには

どれだけの時間がかかるか分かりません。

某大臣の死の町発言が適切だったとは言いませんが、、、

ある面で言えばその通りのことを言ったまでのことで

そのことを取り出して鬼の首を取ったように騒ぐのも如何なものか

本当のところはそのようが議論をする前に

なすべきことが山積しているのではないかと愚考したのですが、、、、。


この展示館でも自然界の中にも放射能があることを示すために

ガイガーカウンターでビリビリと言う音を聞かせたり

県別に違う放射能の量を展示し、、、、、

また、ウランのリサイクルを必要な技術として見せ、

小指の先ほどのペレットの中にある核燃料で

標準家庭の1年分(正しい数字を聞き忘れました)をまかなえる

と言うような先方に都合のよいところだけは説明はされていました。

しかし、年々たまってゆく核廃棄物のことは触れられていません。

要するに原子力は資源の乏しい日本にとって必要なもの

と言う目線からだけの展示で

その負の部分には一言も触れられていません。

これまでの、安全神話に躍らせていた私たちなら納得する展示かも分かりませんが

福島原発を見て、、、、

その安全神話が政府、業界、学会が手を組んで造った

虚構であったことを知った今

いくら原子力開発機構の展示とは言え

中立性を著しく欠いた展示は

一般国民の不信感をあおるだけだと思いました。


これから原子力とどのように対じしてゆくか、、、、

このことは国民一人ひとりに課せられた重い問題だと思います。

そのことを考えるにつけ、

負の部分にまったく触れない一方的な展示は

一般国民の不信感をあおることはあっても

彼らの言い分を理解することにはつながらない

と思ったのですが、、如何なものでしょうか?

[PR]
by tabinist | 2011-09-18 18:02 | 日々雑感

秋の御三家

残暑ばかり厳しくて、、、、、

    お目当てのタカの渡りには早く、、

    このところネタ不足の状態が続いています。

    苦し紛れに13日に撮影した

    秋の花の御三家を、、、、、。


d0245378_6474373.jpg


d0245378_648146.jpg


d0245378_648349.jpg


上からアキノキリンソウ、マツムシソウ、アケバノソウ

半世紀以上も前に山歩きを始めて

初めて覚えた秋の花ですが、、、

ミヤマアキノキリンソウなどと前に○○がつくと

どこがどのように違うのか、、、

いまだに分からないtabinistです。

花を見るのも鳥を見るのも同じようで、、、

花弁がどうなっていて、葉は対生で、、、、、と言う見方をする人もおれば

まぁきれい、まるで天使の首飾りのよう、、、、

と、分かったような分からないような目で見る人もいる。

私たちは素人なので自分の好きなように見て楽しめばよいのだろう。
  

       9月13日 岡山県森林公園で撮影      
[PR]
by tabinist | 2011-09-16 06:58 | 山歩きから

自助・共助・公助

私たちの団地新聞。秋号には毎年防災関係の記事を入れています。

今年は3月に東日本で大震災、その後新潟や和歌山など

各地で豪雨災害が起きています。

そのこともあって今回は防災特集を組むことにしました。

スペースも6ページ中の3ページを使って、、、、


d0245378_6381876.jpg


そのテーマは自助・共助

どの災害でもそうでしょうが災害の初期段階では

警察や消防などの公助はやってきません。

まず必要なのは自分の身は自分で守ると言う自助

そして隣近所の人が協力して身を守る共助です。

これが防災の基本だと言えます。


d0245378_6433664.jpg


そのためには平素からどのような備えをしておくか

そのことを考えるのが今回の特集のテーマです。

小さな団地の小さな力では大きなことは出来ませんが、

しかし、何かがあったときにはまず近所の人です。

向こう三軒両隣です。


d0245378_64743.jpg


阪神淡路大震災を経験されたボランティアガイドの人が

どんなに嫌な人でも

隣近所の人との挨拶だけはしておきなさい

と話しておられるのを聞いたことがあります。

何か大きな災害に見舞われたときは

警察や消防はすぐにはやって来ません。

その公助が届くまでは自助・共助が命の綱になるのです。


d0245378_6524399.jpg


私たちの山のグループのメンバーは

ほとんどが同じ団地の住民です。そのこともあって

何かあったときにはいの一番に助け合うべき仲間たち

だと言う意識を持っています。

あってはならないことですが、

そのあってはならないことが全国各地で頻発しているいま

自分たちの生き方を決めるときに

自助・共助と言う意識を持ち込んで決めるべきではないかと

団地新聞の編集をしながら考えているところです。

[PR]
by tabinist | 2011-09-12 06:59 | 日々雑感

あなたは現役?

私たちと一緒に町内会活動のお世話をされている人のご主人が亡くなられました。

まだ現役。今の時代では若すぎる死だと言えます。合掌。


d0245378_1482130.jpg


その報を聞いてタビカノと話したことです。

いま家族葬をされる人が多くて、わが家でも老母が死ねば家族葬にすると決めています。

私たち夫婦の場合も派手なことは嫌なのでひそかに旅立って逝けば良いと考えています。

それは私たちが現役を退いた身だから、と言うのが最大の理由だと言えます。


d0245378_14133830.jpg


今回亡くなられた人も家族葬をされると聞いて、、、、

その人のことではなく自分たちの場合を考えたのです。

私たち夫婦は月給をもらって働く、と言う意味では間違いなく退職者

どう考えても現役ではありません。

しかし、現役とは何だろうか、と今回考えたのです。

私は月給はもらっていませんが、、、

山の会の世話から町内会の役員の端くれとして社会とつながり

それなりの活動をしています。

タビカノは町内では私以上に活躍し、

そのうえ地区の社会福祉協議会の役員としても活動しています。

このような私たちが急死した場合、現役でないからと言う理由で

言葉を変えれば月給をもらっている身ではないからと言う理由で

ひっそりと旅立って逝くことが最高の選択なのだろうか?

と考えたのです。

今回ご主人を亡くされた仲間は町内会の活動だけでなく

民生委員としても活躍されているのです。


この場合の現役とは一体何なのだろうか?

タビカノと考えたのはそのことです。


d0245378_14283466.jpg


先年私たちの仲間(ご夫婦とも山のメンバー)が亡くなったとき

残された奥様は、ご主人が現役を退いたあとなので

家族葬に近い小さな葬儀を選択されました。

葬儀を終えたあとどこからともなく聞かれたのでしょう

会社関係の人が次々と弔問に来られその対応が大変だったと聞きました。

そのようなことになるのなら最初から会社関係の人にも知らせて

一度に済ませておいたほうがどれだけ楽だったか、、、、

と言うようなことは話しておられました。

葬儀と言うのは個人的な問題で他人が立ち入ることではありませんが

考えてみればいろいろ難しい問題をかかえているのですね。

それにしても本当に、現役とは何なのでしょうか?

[PR]
by tabinist | 2011-09-09 14:44 | 日々雑感

萩の花

d0245378_15214734.jpg


d0245378_15221067.jpg


友人宅の玄関先におかれた萩の花。

上の写真を見て何かを感じられた人は植物通かも?

この萩は裏山で見つけた珍しい萩で

植物に詳しい友だちが種子を持ち帰り鉢で咲かせたものです。

ひょっとしたら日本初記録になるかも分からない、と言うことで

現在ある大学の先生に鑑定してもらっているとか。

植物に疎い私には何のことだか分からない

萩の話です。

[PR]
by tabinist | 2011-09-06 15:29 | 日々雑感

地域の防災訓練

私たちの学区の防災訓練に参加しました。

生活避難場所運営訓練、と言う訓練です。

私たちは一番楽な避難民役と言うことでした。

その避難者たちは団地の公園に集合して、、

警察や消防署の職員に先導されて会場に向かいました。

d0245378_16231415.jpg


d0245378_16233943.jpg


d0245378_16241947.jpg


d0245378_16244647.jpg


いつもはチョッピリ邪魔(?)なパトカーも

    今日は私たち住民の味方

    若いおまわりさんは一生懸命世話をして下さいました。

会場の小学校体育館前に着くと、、、

    先着していた団地の役員さんたちが

    人数の確認などをテキパキとされて

    私たちは体育館に入りました。

d0245378_16283049.jpg


d0245378_16284915.jpg


d0245378_16292658.jpg


d0245378_16294681.jpg


体育館の中では行政と住民の関係者が、

    私たち住民の避難情報の伝達訓練や

    負傷者への対応訓練などが行われ、、、

    備蓄されている食料品の説明や

    AEDの使用法の説明

    この3月に偶然仙台で大震災にあわれた人の体験談など

    いろいろな訓練や講習が行われました。

d0245378_16335271.jpg


d0245378_1634637.jpg


屋内での訓練が終わると外に出て、、、、

    防災グッツの説明や水道局の展示など見ましたが、、、

一番のお目当ては炊き出し訓練で配られる五目ご飯でした。

    アルファー米にお湯を入れただけの五目ご飯ですが

    帰宅してから頂くとけっこう美味しくいただけました。

むかし、山でアルファー米のご飯を食べていましたが

    あの頃のものとはまったく違いました。

    いろいろ研究され、改良されているのですね。

あってはならぬことですが、、、、、

    そのあってはならぬことが東北で起きました。

    そのことを思うと今日の訓練に参加した意義はあったようです。
[PR]
by tabinist | 2011-09-04 16:43 | 日々雑感

故障つづき???

わが家の冷蔵庫が耐用年数をはるかに超えて

   ドアーのパッキンまでおかしくなったので

   先日、清水の舞台から飛び降りるつもりで

   新しいものを購入しました。

   それは良いとしても、、、、、

   その支払いが終わる前にこんどは、、、、

ウォシュレットが故障してしまったのです。

   なくても生活するには困らないものだと言っても

   一度経験した快適な生活を忘れることが出来ないので

   仕方なく新しいものを買う羽目に、、、、


d0245378_14152637.jpg


   思っていなかった出費が相次ぎ、、、

   ビンボーな年金生活者は金策に苦労しています。


d0245378_14175342.jpg


   電化製品もひとつだけなら何とかなるのですが、

   あれもこれもとなると困りますね。

   このウォシュレットを扱っている水道屋は

   前回紹介したミニ・クラス会のメンバーで

   黙っていても安くしてくれるのですが、、、、

   いずれにしても出費が重なると困ります。

何年か前の夏の日、裏山を歩いていたら雷雨になり

   これで涼しくなると喜んで帰宅したら、

   落雷で温水器や電話機など何台も故障して

   思わぬ金を使ったことがあります。


   何かが故障するとそれが続く、、、、

   よくあるパターンですが、

   それが自分の薄い財布にのしかかってくると

   困るのですよ。本当に、、、、。


d0245378_14252214.jpg


   しばらく前から調子の悪いプリンター

   安いと言ってもいま動かなくなると困ります。

   プリンターよ、お前もか!

   とならないよう願いたいものです。

[PR]
by tabinist | 2011-09-03 14:28 | 日々雑感
一昨日中学校のクラス会を開きました。

    と言ってもミニ・クラス会。

    本番のクラス会の準備を担当している

    仲間が集まるのをミニ・クラス会と言っているのです。


d0245378_7554814.jpg


仲間が集まるのを待つあいだにおしゃべりをするのは良いのですが、、

    そしてその話はいつも面白いのですが、、、、


d0245378_7575443.jpg


皆がそろって、、、始まった後も、、、、

    このようなものを飲みながら

    盛り上がっているのは何だかおかしいようで、、、


d0245378_7595610.jpg


と言いながらいつものようにいろいろなものを食べています。

    tabinistは飲み物には好き嫌いがありますが、

    食べるものは何でも好きですから、、、、、。

そして費用は完全な(?)割り勘

    これってやはりおかしいのかなぁ???

だからと言って割り勘負けしないよう

    アルコール類を無理やり飲まされても困るし、、、、、、。

[PR]
by tabinist | 2011-09-02 08:08 | 日々雑感