山がすき、鳥がすき、旅がすき、裏山を歩きながら目に映ったこと、考えたことを広島から発信。心はいつも旅模様


by tabinist
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:旅の話題( 38 )

今年も旅に出たいけど

d0245378_17252552.jpg


d0245378_17254118.jpg


d0245378_1726258.jpg


これといった感慨もないまま年がかわり、

いつもの日常が帰ってきた感じですが、、、、、、、

今年の予定をあれこれ考えながら思うのは「旅にでたいなぁ」ということです。

ところがいろいろな事情もあり、そのうえ円安でますます出にくくなり、、、

うすい財布を見ながらため息ばかり。

旅にでて、日常の生活では見ることのできないものを見たいのに、、、、、、。

d0245378_17305316.jpg


d0245378_17311376.jpg


写真はすべて韓国・済州島の「カヤの森」で撮影したもの。

これだけの巨木がこれだけの森をつくっているのはめずらしいようですが、、、、、

今でもあのときの木の香が鼻に鋸とっているようです。
[PR]
by tabinist | 2015-01-05 17:35 | 旅の話題

山頭火を歩く

何かと忙しくて、ふたつのブログを更新することが難しく

このブログの更新を怠っていました。

最後の記事がキノコの記事で、このキノコを食べて何かあったのでは?

とご心配をおかけしたようです。申し訳ない気持ちでいっぱいです。

d0245378_192715.jpg


さて今日の記事です。

昨日仲間たちと山口県防府市に行きました。街歩きが目的です。

防府市と言えば山頭火の生まれた町で、多くの碑が建てられています。

その山頭火を歩くのが密かな楽しみでした。

上の画像は山頭火の生家があったところです。

d0245378_1933473.jpg


そのすぐそばから「山頭火の小径」と言われる小さな径が東に続いています。

山頭火が小学校に通っていた通学路だったようです。

d0245378_19365499.jpg


d0245378_1937293.jpg


この径にはいると民家の壁にこのような短冊が掛けられており

多くの句に接することができます。

特別なことは何もない、ただ句が掛けられているだけの小さな径です。

その何もないところが良いですね。

d0245378_19394319.jpg


そのあと護国寺に行きたくさんの資料を見せていただきました。

ここの住職は国語の先生だったとかで、たくさんの資料を収集されています。

その資料を展示する部屋を持っておられますが、ここは常設の展示施設ではありません。

そのためこれらの資料を見たい人は事前に連絡しておく必要があります。

d0245378_1944741.jpg


d0245378_19444930.jpg


d0245378_19452411.jpg


たくさんの資料を収集されましたが、貧乏な寺なので最も安い表装をしたと

住職はおっしゃっていました。

安いものでも表装され、展示されているのは良いほうで、

箱に入れられたまま、机の下におさめられているものももたくさんありました。

これらの資料をゆっくり拝見したら時間がかかるはずです。

私でも知っている

分け入っても 分け入っても 青い山

の句も箱の中でした。

d0245378_19535151.jpg


この護国寺には山頭火の墓もあります。

種田家の墓ではなく山頭火の墓です。









[PR]
by tabinist | 2014-03-26 19:57 | 旅の話題

はるばる来ました稚内

6月12日に苫小牧に上陸して富良野に行ってタビカノのいとこと観光

そのあと旭川を経由して朱鞠内湖に行って車中泊

d0245378_19554729.jpg


その朱鞠内湖の朝。朝霧の中の釣り人、気にいった写真と言いたいのですが、、

現地は名前の知らない虫が多くて、、、うるさくて、、写真に集中できないまま撮ったものです。

d0245378_19551628.jpg


鳥も適当に楽しむことが出来て、、、、

行き当たりばったりで行った所としては◎のキャンプ地でした。

d0245378_202232.jpg


そのあとサロベツ原野に行って、このような人たちと一緒に

お目当ての鳥シマアオジと楽しい時をすごしました。

シマアオジはバーだー憧れの鳥ですが、次の写真に一緒に写っているホオアカも

普通種とは言いがたい鳥、その2羽をワンショットにおさめられて満足でした。


d0245378_2012956.jpg


d0245378_2005481.jpg


道北地方は雨になり、予定を早めての稚内入り

明日は雨でも仕方ないとしても、

そのあと行く礼文島では雨にあいたくないと考えているのですが、、、、、、。
[PR]
by tabinist | 2013-06-17 20:14 | 旅の話題

北の台地に向けて

北の大地に向けて明日出発します。

道内40泊の車旅、と言っても半分は屋根のあるところに泊まる予定です。

愛車の改造もしないで、そのために買うものも最小限にして、、、、

成り行き任せのきまま旅です。

d0245378_10355967.jpg


d0245378_1036158.jpg


            画像はネットより借用

ものを買うのはあるめん簡単ですが、、、、

旅が終わったあと置き場に困るようなことはしたくないので、、、、

ほとんどあるがままのものを使ってビンボー旅をしてきます。

そしてたまには豪華な夕食を楽しむつもりです。

さてさてどのような旅になるのか不明ですが、、、、、

とにかく明日の朝出発します。

d0245378_1043773.jpg


そのためこのブログは7月下旬まで開店休業になりますが、、、、

「タカ長のタカの渡り観察」だけはできるだけ更新するつもりです。

旅の様子はそちらをご笑覧くだされば有難いのですが

どれだけ更新できるのかなぁ???

町を行く観光旅行ではないのですべては???です。
[PR]
by tabinist | 2013-06-10 10:45 | 旅の話題

紀ノ國の旅から

d0245378_17275089.jpg


奈良に住む鳥友と紀ノ國の山を歩いてきました。

この写真は釈迦が岳を歩くtabinist,モデルがよいと写真が映えますね。

と言うことが今日の話題ではありません。

注目してもらいたいのは登山道のそばの枯れたスズタケ

d0245378_17305137.jpg


この写真にも枯れたスズタケが写っていますが、、、、

これらはすべてシカの食害によるものです。

シカがスズタケの葉の部分だけを食べてしまって

ご覧のようになってしまったのですが、こうなると再生しないようです。

この食害の被害を受けているのが私たちが好きなコマドリ

繁殖地が奪われてコマドリの数が激減しています。

鳥友からもらった資料「奈良の野鳥ものがたり」に

「コマドリに明日はあるか」(川瀬 浩)と言う一文が寄せられていますが

それによるといまコマドリの数は33年前の8%まで激減しているとか、、、

シカの食害のことは知識としては知っているのですが、

この現実を目にすると心中穏やかではおられないtabinistです。

d0245378_17422589.jpg


いま山村では住民の高齢化、過疎化がすすみ、猟をする人もいなくなり

そのためにシカが爆発的に増えたのだということです。

そのシカを目の前にすると死んでくれとは言えないのですが、、、

自然の中である種のものが増えてバランスが崩れるといろいろな問題が出てくるのです。

その解決は難しい問題ですが、、、、、、、、。

d0245378_17485385.jpg


その紀ノ國はどこも新緑が輝いていました。

晴男を自認するtabinistも驚くほどの好天に恵まれた今回の旅でした。
[PR]
by tabinist | 2013-05-11 17:53 | 旅の話題
夏の北海道を旅することは永年の夢でした。しかし、、、

親の介護に明け暮れているあいだにいつしか70歳を超え、

車中泊の気ままな旅はあきらめかけていました。ところが、

昨年親の介護を卒業し、タビカノも北海道旅行に乗り気になり、、

ついに実現することになりました。6月11日が出発予定です。

d0245378_1424899.jpg


旅の基本は車中泊の旅。しかし、わが愛車は仲間たちと山に行くときに使うことが多いので

恒久的な改造は出来ません。そのためまず桟を作って、、、

それをブロックにおき、ボックスや家具みたいなものをその上に置き

トランクを立体的に使って収納スペースを確保することにしたのです。

この状態でいちど車中泊の旅に出て、、、、

その経験をベースに旅の姿を再検討するつもりです。

d0245378_14295369.jpgd0245378_14301737.jpg

このような本も買い求めてソフト面も充実させ、、、

念願の北海道旅行を楽しむつもりです。
[PR]
by tabinist | 2013-04-26 10:18 | 旅の話題
d0245378_15342812.jpg


d0245378_15344613.jpg


ベトナムのホーチミンからカッティン国立公園に行く途中

ガソリンスタンドのトイレを借りて休憩しました。

そのときのトイレ、比較対象物がないのですが、とても小さな便器です。

相手が小さいと注意してするから漏らさないよなぁ、、、、

とは同行のメンバーの感想ですが、確かにそうですね。

日本の便器は大きいので適当にやってしまうけど

対象物が小さいとコントロールを考えますよね。
[PR]
by tabinist | 2013-03-04 15:40 | 旅の話題
ミゾレ模様の関空を飛びたって4時間半、南に行くと晴れてきて

果てしなく続く海を見ながらホーチミンをめざしました。

広い、広い海の向こうに友がいて、その友に会える、、

広い、広い地球の上の、本当にピンポイントのところで友だちに会える、、、

そのように連絡を取り合っているのですから当たり前と言えばあたりまですが、

しかし、このように広い地球の一点で再会できるなんで、、、

不思議と言えば不思議な気がしてしまうのです。

これってtabinistだけの感覚なのでしょうか???

d0245378_1358857.jpg


d0245378_13582880.jpg


d0245378_13584488.jpg


d0245378_1359144.jpg


左側が鳥友、ガイドのマーさんです。
[PR]
by tabinist | 2013-02-27 14:04 | 旅の話題

とにかく帰宅しました

今朝4時間半のフライトでホーチミンから帰国しました。

当然寝不足です。と言うことで帰国の挨拶だけです。

d0245378_17264280.jpg


d0245378_1727258.jpg


野鳥の写真は2000枚くらい撮りました。

しかし、そのすべてがこのレベルではありません。と言うより、、

これは「例外的」に良く撮れた野鳥です。

上が「エボシヒヨドリ」で、下が「ヤマサキヒタキ」です。

写真の整理などはこれからです。

今回の旅をひと言で言えば探鳥旅行。

忙しいた旅では「旅行記」になりそうなものを見つけることが出来なかったようです。

旅をして面白いのはベトナム北部、ハノイやフエと言うのが私の印象です。
[PR]
by tabinist | 2013-02-25 17:35 | 旅の話題

鳳源寺の紅葉

三瓶山からの帰り、広島県北の町三次市にある鳳源寺を訪ねた。

鳳源寺と言えば瑶泉院の遺髪塔があることで知られていますが、

私たちにとっては三次はタビカノのふるさと、何十年もその実家に通っているのです。

タビカノの実家は三次市布野町で、合併前は双三郡布野村でした。

いずれにしても鳳源寺のすぐそばをはしる国道54号線を何十年も行き来しているわけです。

そのように地元の観光地とも言える所は案外行くことがなくて、、、、、

今回がおそらく3回目、遺髪塔を見たのは恥ずかしながら今回が初めてのことです。

鳳源寺のことはこちらを見ていただくとして、、、、、

d0245378_5463184.jpg


遺髪塔は一段高いところにあるのです。そこまで上がってみたのは本当に初めて。

三瓶山に一緒に登った仲間の提案で行ったのですが、それがヒットでした。

紅葉が盛りでした。

鳳源寺のすぐそばにある尾関山公園に寄ることを提案してくれた

仲間に感謝、感謝です。そこは私たちにとっては単に通過するだけのところですから、、、。

d0245378_5565665.jpg


d0245378_5572679.jpg


d0245378_5574067.jpg


d0245378_5575974.jpg


d0245378_5581386.jpg


d0245378_5582768.jpg


いつもと同じような操作をしているのですが、何故か画像が出ません。

何度かトライしましたが同じでした。

時間がないのでこのまま「送信」をクリックします。

画像が出れば嬉しいのですが、、、、、、、。
[PR]
by tabinist | 2012-11-09 06:00 | 旅の話題